ホイットニー氏:米政府、1年以内に州財政の救済迫られる

著名アナリストのメレデ ィス・ホイットニー氏は、米政府が今後1年以内に財政難の 州を救済するよう求める圧力に直面するだろうと語った。ホ イットニー氏は2008年の米銀シティグループの減配を正確 に予想したことで知られる。

ホイットニー氏は州の救済について、政治的に実行可能 でないかもしれないとしながらも、州・地方自治体は債務が 膨らみ過ぎており、財政赤字は持続不可能な状況にあると指 摘。地方債市場での広範なデフォルト(債務不履行)の可能 性に警鐘を鳴らした。

メレディス・ホイットニー・アドバイザリー・グループ の創業者であるホイットニー氏はブルームバーグテレビジョ ンの番組「イン・ザ・ループ」のインタビューで、「連邦政府 が財政難の州を救済するという考えが出てくるだろう」と述 べ、「これは非常に意見の分かれる問 題になる」との見方を示した。

米誌フォーチュンによると、ホイットニー氏は域内総生 産(GDP)で全米上位15州の財政の健全性を評価するリポ ートの発表を予定。2年がかりでまとめられたリポートの評 価が最も低いのはカリフォルニア州で、ニュージャージーと イリノイ、オハイオの各州が2番目に低い格付けになってい るという。