米ボーイング:「747-8」貨物型の納入再延期、11年半ば

世界2位の民間航空機メーカー、 米ボーイングは、納期が当初予定から大幅に遅れている最新型ジャン ボジェット機「747-8」の貨物型「フレイター」について、納期 をさらに半年延期し、2011年半ばに設定した。その上で、作業のス ピードアップのため、テスト機を1機増やし、計5機とすることを明 らかにした。

同社は30日の発表資料で、この遅延が2010年の業績に重大な 影響を及ぼすとは予想していないと説明した。ボーイングは、過去3 度にわたる納期遅延で、20億4000万ドル(約1700億円)の関連費 用を計上している。

今回設定された納期目標は、ブルームバーグ・ニュースがまとめ たアナリスト9人の予想平均と一致。また8人は、今回の納期延期の 関連費用について約3億6000万ドルと予想(平均値)した。

この日のボーイングの発表では、旅客型「インターコンチネンタ ル」の納期にさらなる遅延が発生するかについては明示していない。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 森 茂生 Shigeki Mori +1-212-617-6107 smori1@bloomberg.net Editor: Akiko Nishimae ニューヨーク 千葉 茂 Shigeru Chiba +1-212-617-3007 schiba4@bloomberg.net 記事に関する記者への問い合わせ先: Susanna Ray in Seattle at +1-206-913-4541 or sray7@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: Ed Dufner at +1-214-954-9453 or edufner@bloomberg.net