介入額は予想上回る2兆円超、単独での円高阻止に「覆面」も実施か

政府・日本銀行が6年半ぶりに実 施した9月の為替市場介入の額は2兆円を超え、市場関係者の予想を 上回った。日本単独で円高進行を阻止するため、実施の事実を公表し ない「覆面介入」も含まれるとの見方が浮上している。

財務省が30日発表した「外国為替平衡操作の実施状況」によると、 8月30日から9月28日までの介入額は2兆1249億円。市場では、日 銀当座預金残高の増減を手掛かりに、9月15日の円売り介入は1兆 7000億円程度だったとの観測があった。今回発表された実績は約4000 億円も多い計算になる。同省は、為替介入の実施日別の金額と対象通 貨を四半期ごとに発表。4-6月分は8月6日に明らかになった。

円・ドル相場は24日に急落する場面があり、政府が再度介入した との観測が浮上。野田佳彦財務相らは15日とは一転、コメントを控え た。ただ、菅直人首相は国連総会出席後の記者会見で「再度介入があ ったとは聞いていない」と述べた経緯がある。

NTTスマートトレードの工藤隆市場情報部部長は、9月の介入 額は市場予想より「若干上振れではないか。複数の介入を実施した感 じに受け取れる」と指摘。「今後もやる」と市場に印象付けられれば、 円高抑止力が高まる可能性があるとの見方を示した。介入実績が公表 されている1991年4月以降で、単月で1兆円を超えたのは過去に22 回程度。

円・ドル相場は9月15日に一時、1ドル=82円88銭に上昇。95 年5月以来の高値をつけ、同年4月の戦後最高値79円75銭まで3円 余りに迫った。5月の年初来安値から4カ月余りで12.7%上昇した。 政府は同日、2004年3月16日以来となる円売り介入を実施。円は介 入翌日、一時85円93銭と約1カ月ぶり安値をつけた。

日本経済に打撃

野田財務相は15日の記者会見で、日本単独で円売り・ドル買い介 入を実施したと説明。規模は明らかにしなかった。過度の円高進行は デフレが続く日本経済に悪影響を与えるため、看過できないと強調し た。

実際、政府が追加経済対策の基本方針をまとめ、日本銀行が追加 金融緩和を決めた8月30日以降も円高が続き、株価は伸び悩んでいた。 日銀の企業短期経済観測調査(短観、9月調査)では、大企業・製造 業の想定為替レートは今年度89円66銭となっている。

みずほ信託銀行運用企画部の田中正秀シニアストラテジストは 「政府は1ドル=80円を防衛ラインとし、円高・ドル安を阻止する方 針だろう」と分析。80円を超えて戦後最高値79円75銭を突破してし まうと、輸出主導の景気回復に深刻な影響が及ぶ恐れがあるためだ、 と説明した。

円高再燃、介入前に迫る

米国経済の減速や連邦準備制度理事会(FRB)による金融緩和 の観測を背景に、円・ドル相場は9月20日から徐々に上昇。30日に は一時83円17銭と、介入直前の高値まで約30銭に迫った。

日銀が29日公表した短観(9月調査)では、足元まで改善してき た企業の景況感が、先行きは大幅に悪化した。大企業・製造業の想定 為替レートは今年度下期に89円44銭。前回調査からの上昇は72銭に とどまり、足元の円高・ドル安とは6円以上の差がある。

景気動向との相関性が高い鉱工業生産指数は8月に、市場のプラ ス予想に反して3カ月連続で低下。製造業による先行き予測も9、10 月と2カ月連続でマイナスとなった。菅直人首相は今日開幕する臨時 国会で、円高対応とデフレ克服に向けた10年度補正予算の成立を目指 す。

経済産業省が8月に輸出企業など200社を対象に実施した緊急調 査によると、円高・ドル安で製造業の6割強が減益になると回答。85 円程度の円高が続くと、製造業の6割が海外での生産比率を拡大し、 4割は生産・開発拠点などを海外に移すと答えた。

日銀には追加緩和圧力

桜井充財務副大臣は9月27日の会見で、日銀の金融緩和策を評価 した上で、なお「さまざまな手立て」があり得ると述べた。民主党が 28日開いた成長戦略・経済対策に関する会合では、日銀の金融政策は 不十分との意見が続出した。28日付の日本経済新聞朝刊や30日付の 読売新聞朝刊は、日銀が来週にも追加緩和を協議すると伝えた。

日銀は円売り介入で市場に放出された資金も用いて、金融機関に 潤沢な資金供給を実施。白川方明総裁は27日の講演で、円高は「輸出 企業の収益や採算を圧迫する」だけでなく、世界経済の不確実性が高 まる下で「企業マインドや日本経済の先行きに大きな影響を与えかね ない」と指摘。円売り介入を実施した政府とともに「為替相場の動向 とその影響について重大な関心を持って注視していく」と強調した。

財務省によると、1日に1兆円を超える円売り介入を実施したの は10回。過去最大は04年1月9日の1兆6664億円。政府は03年初 から04年3月にかけて、約35兆円の円売り介入を実施した。円買い 介入も含めた過去最大は、榊原英資青山学院大学教授が財務官だった 98年4月10日の2兆6201億円に及ぶ円買い・ドル売り介入だ。

--取材協力::野原良明、船曳三郎、下土井京子Editor:Masaru Aoki, Norihiko Kosaka

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 野澤茂樹 Shigeki Nozawa

+81-3-3201-3867 snozawa1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net

Rocky Swift +81-3-3201-2078 or rswift5@bloomberg.net