桜井副大臣:必要性は政府全体で考えていくべきこと-日銀法改正

桜井充財務副大臣は30日夕の定例会 見で、日本銀行の金融政策について「現行の法律で定めている範囲があ る。それについて見れば、かなりのことをやっていらっしゃる」とした 上で、「ある程度法律を改正する必要性が出てくるのかどうかは、政府 全体で考えていくべきことだ」との見方を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE