タッカー英中銀副総裁:銀行危機時に債権者は一部損失の受け入れを

イングランド銀行(英中央銀行)の タッカー副総裁は30日、銀行の危機に備え銀行の債権者は一部の損失を 受け入れる用意をすべきだとの認識を示した。

同副総裁はブリュッセルでの会議で、「危機の状況では銀行の無担 保債権者は債務減免を受け入れることが可能であるべきだ」と述べた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先:

Fumihiko Kasahara +813-3201-3761 fkasahara@bloomberg.net