オバマ米大統領:難しい経済の課題続く-「正しい道を歩んでいる」

オバマ米大統領は29日、長期的な 経済成長に向けた基礎を築くものだとして政権の経済政策を擁護する 一方、リセッション(景気後退)の間に失われた雇用の回復など、今 後数カ月は難しい経済の課題に引き続き直面することになるとの認識 を示した。

大統領はアイオワ州デモインで、金融規制と医療保険制度の抜本 的な改革、公共教育の改善、代替エネルギー産業育成に触れ、これら は米国の将来の繁栄と競争力を確実なものにするための措置だと強調。 「経済が直面する課題は引き続き大きく、一両日で片付くことはない だろう。しかし、われわれは正しい道を歩んでいる」と述べた。