S&P:大手行5グループの格付けを据え置き、アウトルックは安定的

スタンダード&プアーズ(S&P) は30日、大手銀行5グループ(三菱UFJフィナンシャル・グループ、 みずほフィナンシャルグループ、三井住友フィナンシャルグループの持 ち株会社と主要銀行、りそな銀行、住友信託銀行)の長期・短期発行体 格付けを据え置いたと発表した。長期発行体格付けの見通しはいずれも 「安定的」としている。