アジア通貨に投資妙味、FRBの量的緩和観測で-英スタンダード銀

外国為替市場で米連邦準備 制度理事会(FRB)による量的緩和観測が高まる中、アジア 通貨はドルに対し最も投資妙味があると、英スタンダードチャ ータード銀行の米州調査責任者、デービッド・マン氏は指摘す る。

マン氏は29日、ブルームバーグテレビジョンのインタビュ ーで、韓国ウォンやインドネシア・ルピア、インド・ルピーな どは「対ドルで単にユーロを買い持ちするよりも投資妙味があ るだろう」と指摘。「こうした通貨は上昇する公算が大きい。 資金がますます流入しており、米国や欧州諸国の投資家からも 資金が入っている」と語った。

同氏は中国人民元について緩やかな上昇を予想。ただ、 20-30%上昇すれば、元に対する市場の見方も変わるだろうと 述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE