WTO:米国の鶏肉輸入制限はルール違反-中国側の主張認める

米国による中国産の鶏や七面鳥、 アヒル肉製品の輸入制限措置が不当だと中国が世界貿易機関(WTO) に訴えていた問題で、WTOは米国が国際通商ルールに違反している と認定した。

WTOは、中国産家禽加工肉の輸入を妨げる米国の支出法で不当 に米国市場から閉め出されたとする中国側の主張を認めた。中国は、 同国産の家禽肉が国際衛生基準を満たし、欧州や日本にも輸出されて いたとして、米国の輸入制限措置は差別的かつ保護主義的だと訴えて いた。

支出法はすでに失効しているため、WTOルールに沿うよう米政 府が法修正を求められることはない。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE