PE投資会社ペルミラ:TDCのIPOを検討-ビヨルクルンド氏

プライベートエクイティ(PE、 未公開株)投資会社ペルミラ・アドバイザーズの共同マネジングパー トナー、クルト・ビヨルクルンド氏は、同社がデンマーク最大の電話 会社TDCの新規株式公開(IPO)を検討していることを明らかに した。市場で株式公開のペースが回復していることが理由だ。

ビヨルクルンド氏は29日、ブルームバーグテレビジョンとのイン タビューで、TDCのIPOは「検討している多くの選択肢の一つだ」 とした上で、「IPOは復活するかと聞かれれば答えはイエスだ。復活 しつつある。ただ売り手と買い手が適正価格を見いだす必要がある」 と指摘した。

投資家への利益還元でIPOを活用するPE投資各社は、投資家 需要の後退を受け、今年1-6月(上期)に保有株式売却の延期また は取りやめを余儀なくされた。ペルミラも2月、女性衣料チェーン店 を展開する英ニュー・ルック・グループのIPO計画を中止した経緯 がある。

ビヨルクルンド氏は、「ニュー・ルックはリセッション (景気後退)の間も成長を続けた」とし、「従来もそうであり、同社は 優れた投資先で投資回収は急いでいない」と述べた。

TDCはブラックストーン・グループとKKR、アパックス・パ ートナーズ、ペルミラのPE投資各社が2006年に買収。当時としては 欧州最大のレバレッジド・バイアウト(LBO、買収先の資金などを 担保に外部から資金を調達して実行する買収)だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE