長期金利が2週ぶり上昇、中間期末で買い慎重-先物は日中下げ渋り

債券市場では長期金利が約2週間 ぶりに上昇。きのうの米国債相場下落を受けた売りが先行した後は、中 間期末にあたって、新規買いに慎重な雰囲気が広がった。一方、鉱工業 生産が予想対比で弱かったため先物は売り一巡後にもみ合い推移が続い た。

三菱UFJ投信債券運用部の倉林俊之次長は、景気の先行き懸念 からは金利が上がりにくい環境であるほか、午後には株安など債券買い の材料も出ていたとしながらも、「期末特有の持ち高調整売りが長期や 超長期ゾーンに入ったようだ」との見方を示した。

現物市場で新発10年物の310回債利回りは前日比1.5ベーシス ポイント(bp)高い0.935%で始まり、その後は同水準でのこう着が 続いた。午後にいったんは2bp高の0.94%を付けたが、この水準では すぐに買いが入って0.93-0.935%に戻している。

310回債利回りは前日の午後3時過ぎに0.92%まで低下して、新 発10年債として8月26日以来の低い水準を記録。15日の取引で

1.1%の大台を割り込んで以降に金利低下ピッチが加速したことへの警 戒感が広がったほか、その後の米国債相場が下げに転じたこともあり、 きょうは中間期末日にもあたって買い控えの雰囲気が強まった。

一方、日本銀行が29日に発表した企業短期経済観測調査(短観) で景気の先行き悪化見通しが示されたほか、きょうの鉱工業生産も事前 の市場予想を下回った。みずほインベスターズ証券の井上明彦チーフス トラテジストは、「鉱工業生産が悪くなければもう少し売られていただ ろう」と指摘するなど、ファンダメンタルズ(経済の基礎的諸条件)面 からは債券買いが出やすい地合いが維持された。

HSBC証券の白石誠司チーフエコノミストは、10年債利回りが

0.9%に近づいたことへの警戒感はあっても、投資家の下期に向けた買 いに支えられて金利は上がりにくい展開が続くと予想していた。

金利は下期入り後にじり安か

午後には外国為替相場が1ドル=83円台前半までドル安・円高と なり、日経平均株価も9500円割れで推移したわりに債券買いの動きは 鈍かったが、下期入り後には再び金利低下余地を探りそうだ。

鉱工業生産が落ち込むなど景気の先行き懸念が一段と強まったこ とで、投資家の債券運用の姿勢は変わらないとの見方が有力。HSBC 証の白石氏は、政府が財政支出拡大には慎重姿勢である中で、今後も景 気減速が意識されるなど買い材料には事欠かないと指摘。その上で、 「8月後半のディーリング相場とはやや異質の相場展開となり、いずれ

0.9%を下回ってじりじりと低下する」と予想した。

来週に入って下期の取引が本格化する局面では、期初にあたって 利益確定売りが先行することも考えられるが、追加金融緩和の思惑もあ って金利上昇余地は限られそう。

JPモルガン証券の黒田真琴債券ストラテジストは、10月4、5 日に開催される金融政策決定会合での追加緩和の見通しはほぼ織り込ま れたとみるが、11月、12月にかけてさらなる緩和措置が取られる可能 性が残るため、金利は上昇しにくい展開が続きそうだと言う。

先物は売り一巡後に下げ渋り

東京先物市場の中心限月12月物は前日比6銭安い143円34銭で 始まり、開始後には2銭高の143円42銭を付けた。その後は小幅マイ ナス圏でのもみ合い推移となり、午後2時半前後には143円28銭まで 下げたが取引終盤には持ち直して、結局は143円42銭でこの日の高値 引けとなった。

29日の米国債相場が下落したことが売り材料視される中、先物相 場は前日に中心限月として7年3カ月ぶり高値圏まで急騰した反動売り が先行した。

しかし、鉱工業生産が市場予想に反して前月比マイナスとなった ため、日中取引では下げ渋る展開となった。三菱UFJモルガン・スタ ンレー証券の鹿野達史シニアエコノミストは、エコカー購入の補助金が 9月に打ち切られたことで、鉱工業生産は10-12月期に弱めのスター トとなるとみており、今後の相場の支援材料になると予想していた。

午前8時50分に発表された7月の鉱工業生産は前月比0.3%低下 した。ブルームバーグによるエコノミスト調査の同1.1%上昇から下振 れたほか、先行きの製造工業生産予測指数は9月に同0.1%低下、10 月には同2.9%低下とマイナスが続くと見込まれている。

--取材協力:池田祐美、菅野顕一郎 Editors:Joji Mochida, Saburo Funabiki

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 赤間信行 Nobuyuki Akama +81-3-3201-8842 akam@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net

Rocky Swift +81-3-3201-2078 or rswift5@bloomberg.net