ホイットニー氏:米金融業界で8万人削減も、年末賞与「弱い」だろう

著名アナリストのメレディス・ ホイットニー氏は、ウォール街の年末の賞与は「極めて弱い」だろ うとし、米国の金融業界は今後1年に8万人の削減が必要になる可 能性があると語った。30日にブルームバーグラジオのインタビュー に答えた。

同氏によれば、今年のボーナスは2008年以来で最低の見込み。 同氏はまた「ウォール街は十分に迅速な多様化ができていないため、 縮小している」と述べ、銀行業界の成長は起こっているが、それは 「米国と欧州以外のところで起こっている」と述べた。

ホイットニー氏はメレディス・ホイットニー・アドバイザリー・ グループの創業者で最高経営責任者(CEO)。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE