NY原油(29日):7週ぶり高値に反発、石油製品の予想外の在庫減で

ニューヨーク原油先物相場は大 幅反発。ガソリンと留出油の在庫が予想外に減少したことを受け、原 油は7週ぶり高値に上昇した。製油所稼働率は4月以来の水準に低下 した。

原油価格は一時2.6%高まで買い進まれた。石油総在庫は3月 以来の大幅減少となった一方、ガソリン需要は2月以来の大幅増加と なった。石油消費2位の中国では、9月の製造業活動が2カ月連続で 加速した。

ワイス・リサーチ(フロリダ州ジュピター在勤)の天然資源アナ リスト、ショーン・ブロドリック氏は、「米国で状況が上向いてきた だけでなく、中国のような新興市場での過熱は続いているようだ」と 指摘。「市場には強気の勢いがみられる」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物11月限は前 日比1.68ドル(2.21%)高の1バレル=77.86ドルで終了した。 一時は8月11日以来の高値となる同78.13ドルを付けた。