NZ中銀総裁:米国の危機対応に一部のアジア諸国はいら立ち-AFP

アジア太平洋地域各国の中央 銀行は、信用危機拡大阻止失敗と金融機関監督の不備について、米 国に対しいら立ちを感じていたと、仏AFP通信がニュージーラン ド準備銀行(中央銀行)のボラード総裁を引用して報じた。

AFPによると、ボラード総裁は世界的な金融危機の際の自身 の体験に触れた回想録で、2009年7月の香港での会合で一部のア ジアの中銀総裁が、米国の金融危機対応にいら立ちを示したと書い ている。

AFPによれば、ボラード総裁はまた、ほぼ10年前に国際通 貨基金(IMF)が支援と引き換えにアジア諸国に強いた措置につ いて、一部の国が会合当時もまだ腹を立てていたことも明らかにし ている。