【書評】ゲッコーの卵たちをマドフに育てる指南書「強欲の歴史」

デービッド・サーナ氏の「History of Greed(仮訳:強欲の歴史)」は金融の後ろ暗い部分を描く。米映画 「ウォール街」のゴードン・ゲッコーのように、感受性の強い若者た ちを悪にあこがれさせるだろうか。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。

あわせて読みたい: