英FSAのターナー長官:各国政府は金融取引税の導入検討を-独紙

英金融サービス機構(FSA) のターナー長官は、各国政府は金融取引税の導入を検討すべきだと の見解を示した。ドイツ紙ハンデルスブラットが同長官とのインタ ビューを引用して報じた。

ターナー長官は、欧州の財務相理事会が週内にブリュッセルで 開催されるのを控え、「金融取引税を真剣に検討する必要がある」と 述べ、投機的な取引への課税は「打撃とはならないほか、幾らかの プラスの効果をもたらし得る」との見方を示したという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE