任天堂:今期純利益予想を半分以下に-「3DS」越年で

任天堂は29日、今期(2011年3月 期)の業績予想を大幅に下方修正した。収益回復のカギである携帯ゲ ーム機最新作「ニンテンドー3DS」発売が来年2月末にずれ込むこ とや、為替の円高が理由。純利益予想は従来の半分以下となり、配当 予想も切り下げた。

修正後の純利益予想は900億円と従来比55%下方修正。売上高見 通しも21%減らした。これまでも据え置き型の「Wii(ウィー)」不 調と円高に伴い2期連続の減収減益予想だったが、3DSが年間最大 の商機である年末商戦を逃し、一気に落ち込む。

任天堂の岩田聡社長は29日のアナリスト説明会で、3DSについ て「期初は年内発売が望ましいとの前提で計画を作った」が、供給体 制や製品の完成度を勘案して来年2月にしたと説明。国内価格2万 5000円が高めではないか、との問いに対しては、6月の実機公開での 手ごたえなどを総合判断して設定した、と答えた。

ちばぎんアセットマネジメントの奥村義弘調査部長は3DS発売 の「2月というタイミングは中途半端」と指摘。「景気低迷や為替の逆 風がある中、新ハードで需要を活性化することへの期待感があった」 が、越年で「今期の業績に寄与するには、ほぼ間に合わない」とコメ ントした。

反転ならず

DSシリーズの前期の販売台数は前の期比13%減と、04年の発売 以来、初めて落ち込んでいた。今期は3DS投入効果で同11%増の3000 万台と反転を計画していたが、越年に伴い逆に同13%減の2350万台に 切り詰めた。このうち、3DSの販売予想は400万台。

ハードよりも利幅が大きいDS対応ソフトの販売予想も従来から 2500万本抑制して1億2500万本とした。Wiiの販売予想も足元の売 れ行きが弱いとして、ハードが50万台減の1750万台、ソフトは3000 万本引き下げて1億3500万本とした。岩田氏はソフト販売計画の引き 下げは業界全体でヒット作が見えていない点が背景と説明した。

想定為替レートは実勢に合わせて、1ドル=85円、1ユーロ110 円に変更。従来比で対ドル、対ユーロともに10円ほど円高方向に修正 した。配当は中間予想を従来比180円カットの130円、期末は100円 減額して420円とした。

任天堂の株価は朝方から続伸して推移していたが、3DSの詳細 発表イベント開催中の午後2時30分過ぎ、10月28日に1万8000円で 発売されると公表されたとの情報が伝わり一気に値を上げた。しかし、 その後に岩田氏が正しい発売日と価格を語ると急降下した。終値は前 日比890円(3.7%)安の2万3010円。

岩田氏は3DSの価格などを発表前に、任天堂が人気ソフト「ス ーパーマリオブラザーズ」と既存のDS機種をセットにしたパックを、 10月28日に1万8000円で発売すると語っていた。

--取材協力 安真理子 Editor: Tetsuki Murotani Takeshi Awaji

参考画面: 記事についての記者への問い合わせ先: 東京 駅 義則 Yoshinori Eki +81-3-3201-3422 yeki@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先:

大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net

Young-Sam Cho +82-2-3702-1639 ycho2@bloomberg.net

Satoru Iwata

種類別ニュース NI GAMES NI TEC NI WRLS NI RET NI CONS NI COS NI KIGYO NI ELE NI MED NI JAPAN NI ASIA NI FRX NI INTERNET

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE