アジア主要100社は今年度35%増益、中国銀行や台湾IT寄与-大和

大和証券キャピタル・マーケッツ 金融証券研究所は29日、主要アジア企業100社の業績予想を改訂し、 2010年度予想は前期比21%増収、税引利益は同35%増になる見通し と発表した。中国や香港の銀行、台湾や韓国のIT分野が今年度の成 長に寄与するという。

また、11年度に関しては18%増収、19%増益予想とし、引き続き 中国や香港の銀行のほか、中国のエネルギー分野が押し上げ役になる という。集計対象は中国、香港、台湾、シンガポール、韓国、インド の主要企業100社。今回の調査発表は6月に続き、2回目となる。