経産省:2010年10-12月の粗鋼需要、2698万トンの見通し(Update1)

経済産業省は29日、2010年度第3四 半期(10年10-12月)の粗鋼需要が前期(同年7-9月)比1.5%減の 2698万トンになる見通しだと発表した。自動車向け需要の落ち込みが影響 するとみている。

同四半期の鋼材需要は前期比0.9%減の2384万トンになる見込み。内 訳は、普通鋼が0.7%減の1887万トン、特殊鋼は1.3%減の497万トン。 普通鋼は、国内需要が0.7%減少し、用途別では自動車が7.3%減、造船向 けは0.5%減少した。産業機械は1.4%増となる。輸出は0.7%減る見通し。

10‐12月の鋼材需要は前年同期比では2.0%増。内訳は、普通鋼が0.4 %増、特殊鋼が8.9%増となる見通し。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE