米CFTC委員長:取引制限が「重要」-CDSと商品デリバティブ

米商品先物取引委員会(CFT C)のゲンスラー委員長は28日、クレジット・デフォルト・スワッ プ(CDS)と商品デリバティブ(金融派生商品)の取引ポジショ ンに制限を設けることが「重要だ」との認識を示した。

同委員長はブリュッセルでの金融規制に関する会合で、監督当 局はCDSと現物の商品デリバティブの双方にポジションを制限す る権限を持つべきだと述べた。こうした制限は「不適切な慣行に対 するより良い防御を可能にする」と指摘した。

ゲンスラー委員長はインタビューに応じ、「われわれは数十年間 にわたって農業・エネルギー関連商品にポジション制限を設けてお り、これから学ぶことができる」と語った。CDS取引制限の詳細 は「未定」だという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE