メイテック株が3カ月ぶり高値、技術者派遣伸び上期増額

技術者派遣を手掛けるメイテック 株が3日続伸。主力の技術者派遣事業が想定を上回るペースで持ち直 しているとし、上期業績予想の上方修正を28日発表した。収益上振れ を評価した買いが先行、一時前日比4.8%高の1627円と6月29日以 来、3カ月ぶりの高値水準を回復した。

4-9月(上期)の連結最終損益は従来予想を5億円上回り、15 億 円の黒字となる見通し。前年同期は12億円の赤字だった。技術者派遣 事業の稼働率が期初計画を上回るほか、子会社保有株式の売却益など も黒字幅の拡大に寄与する。

メイテックは、単体の上期稼働率を期初想定の76.7%から80%程 度へ上方修正した。野村証券金融経済研究所の国崎晃アナリストは、 80%は損益分岐点並みの水準だが、「期初想定の通期稼働率78%を上 回り、会社経営陣は自信を深めつつあるとみられる」と、28日付の投 資家向けリポートで指摘。同証では、メイテックの投資判断を「1(買 い)」、目標株価は2200円としている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE