ウォーシュFRB理事:市場と経済は改善に向かう-完全には回復せず

米連邦準備制度理事会(FRB) のウォーシュ理事は、金融市場と国内経済は完全に癒えてはいないも のの、改善に向かっていると指摘し、FRBは予測可能な形で行動す ることによって成長促進に貢献できるとの考えを示した。

ウォーシュ理事は28日、ジョージタウン大学(ワシントン)で開 かれたパネル討論会で、「市場は正常な状態を回復してはいないとして も、正常化されつつある。経済も改善されたとは言えないが、改善さ れつつある」と説明。その上で、FRBが「今後の決定をできる限り 明快な形で行うことが望ましい」と述べた。

FRBの政策や経済見通しについて、さらに具体的な言及はなか った。FRB当局者らは先週、失業率の押し下げを目指し、大規模な 資産買い入れの再開を含む金融政策の緩和を検討していることを示唆 した。失業率は過去1年にわたって9.5%以上の水準で高止まりして いる。

ウォーシュ理事はまた、米国にとって信頼できる通貨が外国から の投資を促進する上で「偉大な力」になっていると指摘。為替相場動 向が不透明でないことは、企業にとって概して「有益」だと語った。

次回の連邦公開市場委員会(FOMC)は11月2、3日に開催さ れる。ウォーシュ理事はこれまで、政策金利に関するFOMCのすべ ての決定に賛成票を投じている。

-- Editors: Christopher Wellisz, Christine Spolar

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor: Ryoji Uchida 記事に関する記者への問い合わせ先: Scott Lanman in Washington at +1-202-624-1934 or slanman@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Christopher Wellisz at +1-202-624-1862 or cwellisz@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE