エルピーダ株が買い気配、世界最先端の30ナノ台前半DRAMを量産へ

エルピーダ株が買い気配。世界最先 端の30ナノ(ナノは10億分の1)メートル台前半のDRAMを12月から 量産する。生産コストを従来品より3割程度抑えることができ、同社は 数年後に生産量の7割程度を30ナノ台にする方針という。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE