村田製:国内非正規社員3000人削減へ-余剰設備をアジアへ

液晶テレビやパソコンなどの電子機 器に使用されるセラミックコンデンサー世界首位の村田製作所は、今後 約2年半かけて国内工場で働く派遣労働者など非正規従業員を現在の3 分の1程度に減らし、余った生産設備をアジアの拠点に移す計画だ。円 高が続くなか、海外生産比率を高めて韓国や台湾メーカーとの競争に勝 ち抜くことを目指す。

村田恒夫社長は28日、京都府長岡京市の本社でインタビューに応 じ、15日に1995年5月以来となる1ドル=82円88銭の高値を付けた円 相場について、「こんな円高になると思っていなかった」と話し、国内 の非正規雇用について「あまり手を付けたくないところではあるが、あ る程度減らしていかざるを得ないと思っている」と生産の海外移転を加 速させることを明らかにした。

村田製は、派遣労働者を最大で5000人程度雇用していたが、リーマ ンショックを背景にした08年秋以降の世界的な電子部品需要の急減を 受け、一時約1500人まで減らした。景気回復に伴ってフル生産体制に戻 った現在は4500人程度に回復している。3月末時点のグループ全体の正 社員数は3万4000人、うち1万500人が国内で働いている。

具体的な削減規模について村田氏は「それぞれのオペレーションで カウントしてみないと分からない」と前置きしながら、「1500人ぐらい 残るのではないかというイメージ」と述べ、国内派遣労働者数をリーマ ンショック直後の規模まで再び引き下げ、今後はその水準を維持する考 えを示した。

みずほインベスターズ証券の山鹿亜紀子アナリストは村田製の国内 非正規社員削減の方針について、「流れとしては致し方ない」と話す。 山鹿氏はさらに、国内の競合他社が生産を海外にシフトするなか、村田 製は高シェアによるスケールメリットで国内生産を続けてもコスト優位 を保っていたが、「円高もあるしアジアメーカーが技術的にも追いつい てきて競争が激化している」ことが背景にあると指摘した。

人件費安いアジアへ

広報担当の関口晴巳氏によると、村田製は2012年度までの3年間 で海外生産比率を15%から30%まで高める目標を掲げ、来年4月に中 国・無錫で主力のコンデンサーなどを製造する新工場の稼働を予定する など、人件費が安いアジアで生産拠点の拡大を進めている。ただ、村田 氏は海外での生産拡大だけでは30%の目標達成は「厳しい」として、国 内生産縮小の必要性を指摘。国内の派遣従業員を減らし、余った設備を 中国やタイの拠点に移して生産を続ける考えを示した。

海上保安庁の巡視船との衝突事故で那覇地検が拘束していた中国漁 船船長の釈放問題で日中関係が緊張するなか、現地での村田製の事業活 動には「トラブル的な話はない」と述べた。中国では毎年賃金が上昇し ているが、絶対的な人件費の水準はまだ低く、中国とタイ、マレーシア で生産を増やす会社方針に「変わりはない」と話した。

山鹿アナリストは、雇用についても「海外に生産拡大するとそれを コントロールする管理部門の仕事が日本で増えるなどすべてがネガティ ブという話ではない」とコメント。「法人税を下げても利益が出ないと いわれる状況で、日本で作るメリットがあるのか。国内にこだわりすぎ て競争力が落ちて企業として存続できなくなるようでは元のもくあみ だ」と話した。

村田製の4-6月期連結純損益は155億円の黒字(前年同期は37 億円の赤字)に転換。売上高は前年同期比31%増の1537億円だった。 11年3月期の業績見通しについては、純利益が前期比2.1倍の520億 円、売上高は同14%増の6050億円を見込んでいる。

村田製の株価の午前終値は前日比0.9%高の4390円で、8月12日 に付けた年初来安値3770円から約16%高い水準。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE