エクソンなど13社、イラクのガス田入札に関心-三菱商、石油資源開も

米石油会社のエクソンモービル とシェブロンや、英蘭系ロイヤル・ダッチ・シェル、ロシアのガスプ ロムなど13社が、イラクの天然ガス田開発に向けて来月予定されて いる入札に関心を示している。

イラク議会の石油・ガス委員会のハッサニ副委員長が28日、イ スタンブールでのインタビューで明らかにしたもので、13社にはイ タリアのエネルギー会社Eniや三菱商事、石油資源開発も含まれる という。入札はバグダッドで10月20日に実施される予定。

ハッサニ副委員長は「石油メジャーが強い関心をみせており、こ れは素晴らしいことだ」とし、「入札参加企業の数より、大手が関心 を示しているという事実が大事だ」と語った。

イラクは2009年に既に2回、油田・ガス田の開発企業を選ぶ国 際入札を実施している。3回目となる今回対象となるのはアッカスと マンスリヤ、シバの3カ所で、埋蔵量は合計11兆立方フィート(約 3115億立方メートル)超。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE