ウォーシュFRB理事:市場は正常化しつつある、経済も改善傾向に

米連邦準備制度理事会(FRB)の ウォーシュ理事は金融市場と米経済が完全に回復していないとしても、 改善されつつあるとの認識を示すとともに、米政府の政策が成長抑制の 原因の可能性があるとの認識を明らかにした。同理事はジョージタウン 大学でのパネルディスカッションで、「市場は正常でないにしても、正 常化しつつある」と指摘。「米経済は改善されていないにしても、改善 されつつある」と述べた。近年の政府の経済政策については、「政策の 選択を考慮すると、われわれは必然的により低成長の環境にあるとの結 論に達する」との見解を示した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先:

麗英二 Eiji Toshi +81-3-3201-2421 etoshi@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE