エルピーダ:最先端DRAM量産、生産コストは3割減-日経

エルピーダメモリが世界最先端の回 路線幅30ナノ(ナノは10億分の1)メートル台前半のDRAMを12月か ら量産すると29日付の日経新聞朝刊が報じた。半導体は回路線幅が微細 になるほど生産性が上がるため、生産コストは従来より約3割下がると している。取材源は示していない。