アイルランドは債務再編迫られる恐れ-キャピタル・エコノミクス

アイルランドの公的債務が「ギリ シャの割合に達する可能性が高まりつつある」とみられることは、債 務再編以外の選択肢がほとんどなくなる可能性を示唆しているとキャ ピタル・エコノミクスのエコノミストらが警告している。

キャピタル・エコノミクスは28日付のリポートで、アイルランド 政府による銀行支援の結果、同国の財政赤字が今年、国内総生産(G DP)比で25%を超えるとの懸念が強まっていると指摘した。

エコノミストのベン・メイ氏は「銀行の安定回復に向けて十分な 資金を既に投じたと政府が市場を納得させることができるとしても、 同国の問題は決して終わってはいない」と述べ、「控えめに見積もって も、緊縮財政は長期にわたる非常に弱い経済成長につながる。最悪の 場合、アイルランドは最終的にデフォルト(債務不履行)を余儀なく される恐れがある」と分析した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 守護 清恵 Kiyoe Shugo  +81-3-3201-7499

kshugo@bloomberg.net Editor: Ryoji Uchida 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Louisa Fahy at +353-1-523-9524 or lnesbitt@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE