9月の独インフレ率、1.3%に上昇-燃料・食品値上がりで

ドイツではインフレが9月に加 速した。ヒーティングオイル(暖房油)や食料品の値上がりが響いた。

ドイツ連邦統計庁が28日発表した9月の同国の消費者物価指数 (速報値)は、欧州連合(EU)基準で前年同月比1.3%上昇と、8 月の同1%上昇から伸びが加速した。ブルームバーグ・ニュースがま とめたエコノミスト20人の予想中央値とも一致した。9月の物価は 前月比では0.2%低下した。

デカバンク(フランクフルト)のシニアエコノミスト、カルステ ン・ユニウス氏は「インフレ率が低過ぎるリスクは、高過ぎるリスク をいまだに上回っている」と指摘し、「こうした物価トレンドは欧州 中央銀行(ECB)にとってはどちらかと言えば好ましいものだろう」 と語った。

ECBはユーロ圏のインフレ率を2%を下回る水準に維持するこ とを目指している。エコノミスト調査によると、9月のユーロ圏のイ ンフレ率は1.8%と、8月の1.6%から上昇すると見込まれている。 EU統計局(ユーロスタット)は9月の数値を30日に公表する。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE