香港株(終了):ハンセン指数、3週間ぶり大幅下落-不動産株安い

香港株式相場は下落。ハンセン 指数はここ3週間で最大の下げとなった。中国政府が不動産価格抑 制に向けて一段の措置を取るとの懸念から、不動産株と銀行株が下 げた。

中国政府系不動産開発会社、チャイナ・リソーシズランド(華 潤置地、1109 HK)は3%の値下がり。不動産関連投機を抑える一 連の追加措置が「間もなく」実施されるとの第一財経日報の報道が 響いた。欧州最大の銀行、英HSBCホールディングスが一部出資 する中国の交通銀行(3328 HK)は1.8%下落。欧州各国の財政が 悪化しているとの懸念を背景にHSBC(5 HK)も1.5%安となっ た。不動産の世茂房地産(813 HK)や中国工商銀行(1398 HK) も安い。

一方、中国のアルミニウム生産最大手、チャルコ(中国アルミ、 2600 HK)は4.3%上昇。親会社がレアアース(希土類)投資計画 を発表したことが好感された。

三菱UFJインベストメント・サービス(運用資産650億ドル) のファンドマネジャー、冨田道也氏(香港在勤)は、投資家は不動 産価格をめぐる中国政府の次の動きを懸念していると指摘。不動産 株を避けて小型株や中型株に資金が流入していると説明した。

ハンセン指数は前日比230.89ポイント(1%)安の22109.95 で終了。一時は0.1%高まで上昇する場面もあったが、終値では8 日以来で最大の下げとなった。ハンセン中国企業株(H株)指数は 前日比1.1%安の12180.20。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE