アジア株:下落、8営業日で最大の下げ-欧州経済への懸念で

28日のアジア株式相場は下落。 MCSIアジア太平洋指数はここ8営業日で最大の下げ。欧州の債務 危機が世界的な景気回復を遅らせるとの懸念が広がった。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午後3時23分現在、前日 比0.5%安の126.51。日経平均株価の終値は同107円38銭(1.1%) 安の9495円76銭。

野村総合研究所の井上哲也主席研究員は、欧州経済は慢性疾患に 陥っていると指摘。救済策は助けになろうが、問題の早期解決にはつ ながらない可能性が高いと話した。

英スタンダードチャータード銀行が香港市場で下落。中国2位の 携帯電話サービス会社、チャイナ・ユニコム(中国聯通)は香港のハ ンセン指数の構成銘柄で最大の下げとなった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE