【テクニカル分析】原油先物、79ドル付近で上値重く-バークレイズ

バークレイズ・キャピタルのテク ニカル分析によると、今月7%上昇したニューヨーク原油相場は今夏 の価格レンジのトレンドラインに基づくと、1バレル=79ドル近辺で 上値が重くなりそうだ。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物11月限は今月 に入って6ドル上昇した。新興市場の経済成長で原油消費が伸びると の見方が背景。

バークレイズはリポートで、先週のろうそく足チャートでは相場 は一段と上昇しそうだが、トレンドラインの78.86ドルで上値が重く なると予想した。

24日に「強気を巻き込むろうそく足」が形成された。このパター ンは高値と安値、始値と終値が前営業日より高いときのレンジの中で 相場が上昇するときに起きる。テクニカルアナリストは下降トレンド が終了した兆しと解釈する。

マクニール・カリー氏率いるバークレイズのアナリストは「短期 的には一段と上昇する可能性があるとみている。しかし、活気に欠け 不安定な8月以降の相場を考えると、9月半ばの高値と5-8月のト レンドラインの上値抵抗線である78.86-78.81ドルで上値が重くな りそうだ」と述べた。