UBSがドル安方向に修正、対ユーロ-FRBが米国債購入拡大と予想

UBSはドルの対ユーロの短期 見通しを、ドル安方向に引き下げた。米連邦準備制度理事会(FR B)が経済成長を刺激するために米国債の購入を拡大するとの見通 しに基づいている。

UBSは27日付リポートでドルの1カ月後の見通しを1ユー ロ=1.35ドルとし、従来の1.28ドルに比べてドル安方向に修正。 3カ月後は同1.25ドルとした。従来予想は1.15ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE