米深海掘削禁止、11月末より前に解除も-大統領委ライリー共同委員長

英BPの原油流出事故を調査して いる大統領委員会のウィリアム・ライリー共同委員長は27日、深海掘 削禁止について、期限切れとなる11月末より前にも解除されるとの見 通しを示した。

ライリー共同委員長はブルームバーグテレビジョンとのインタビ ューで「11月30日の前に解除されなければ驚きだ」と述べた。同共 同委員長は深海掘削再開まで「なぜ、これほど長くかかっているのか」 は不明だと話した。

米政府は、ルイジアナ州沖合40マイル(64キロメートル)のマ コンド油井で起きた原油流出事故を受けて、深さ500フィート(152 メートル)以上の海底での掘削を禁止している。4月20日にマコンド 油井のリグ(石油掘削設備)で爆発事故が起き、作業員11人が死亡し 米史上最悪の海洋汚染事故に発展した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 淡路毅 Takeshi Awaji +81-3-3201-2107 tawaji@bloomberg.net Editor: Fumihiko Kasahara 記事に関する記者への問い合わせ先: Jim Efstathiou Jr. in New York at +1-212-617-1647 or jefstathiou@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Larry Liebert at +1-202-624-1936 or lliebert@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE