中国株は割高でない、消費関連株の成長予想-BOAメリルのチャオ氏

バンク・オブ・アメリカ(BOA) メリルリンチの中国調査チームのバイスプレジデント、アンディ・チ ャオ氏は中国の消費・ヘルスケア関連株に、成長の可能性を見いだし ている。

チャオ氏は28日、北京でのブリーフィングで、中国株は割高で はないとの見方を示した。ただ、中国政府が外国企業の業界参入を容 認し、より市場に連動した金利に向けて動く一方で、規制を強化する 可能性があることから、大型株の上昇余地は限られており、主要な国 内銀行については依然としてリスクがあると説明した。

ブリーフィングで配布された資料によれば、BOAメリルはアジ アの富裕層が来年、株式と債券関連商品への投資配分を増やすと予想。 これに対し不動産は、引き続き主要な資産項目であるものの、現金と ともに保有比率の低下を見込んでいる。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 野崎 ひとみ Hitomi Nozaki +81-3-3201-3549 or hnozaki1@bloomberg.net   Editor:Akiko Kobari 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Bloomberg News at +86-10-6649-7565 or jliu42@bloomberg.net