首相:ASEM出席へ、日中会談は相手次第-ビデオ公開も(Update4

菅直人首相は、アジア欧州会議(A SEM)出席のため、10月3日から5日までベルギーのブリュッセルを 訪問する。仙谷由人官房長官が28日午前の閣議後会見で明らかにした。 仙谷氏は同会議に出席予定の中国の温家宝首相との日中首脳会談も模索 していくが、実現するかどうかは中国側の出方次第との認識も示した。

仙谷氏は尖閣諸島をめぐる日中間の緊張について「トータルアジア の経済成長や、平和的な安保環境という観点から見ても決して望ましい ことではない」と指摘。首相のASEM参加の狙いについては「アジア の中で日中がどういう関係をつくっていくのかという議論を、ASEA N(東南アジア諸国連合)、インドをはじめとする他の国、欧州各国首 脳とも、できる限りしていくべきだ」と語った。

仙谷氏はASEM参加を機に菅首相と参加各国首脳との二国間会談 を調整していることも明らかにした。中国との二国間首脳会談について は「環境整備ができればやろうと外務省も模索すると思うが、あと一週 間ぐらいでそういう状況になるかどうかは不明だ。ボールはすでに中国 側にちゃんと渡してあるという認識だ」と語った。

ただ、前原誠司外相は28日午後の会見で、日本が日中首脳会談を呼 び掛けるかについて「今そういう動きをわれわれはしていない。わたし の現時点の感想としては、なかなかセットされるのは難しい状況ではな いかと思っている」と指摘した。

菅首相は28日夕、官邸で記者団に対し、ASEMでの日中首脳会談 の開催を中国側に働きかけるかどうか聞かれ、「ASEMはアジアと欧 州の首脳が一堂に会する大変重要な会議。そのこと自体が重要だという ことで出かけるので、それ以外のことについて特に今の段階では予定し ていない」と述べた。他の首脳との二国間会談で尖閣諸島をめぐる問題 を取り上げる可能性については「そういう話が出ればもちろん日本の立 場はきちんと説明する」と語った。

事情聴取

仙谷氏は、沖縄県・尖閣諸島沖での海上保安庁巡視船と中国漁船と の衝突事件をめぐり、那覇地方検察庁が漁船の船長を24日に釈放する 前日の23日に外務省の関係者から事情聴取していたことを認めたが、 詳しい聴取内容については報告を受けていないという。

一方、前原外相は28日の参院外交防衛委員会で、7日に起こった事 件をめぐり海上保安庁が撮影したビデオを、当時の国土交通相として検 証したことを明らかにした。ビデオでは「明白に中国漁船が、かじを切 って、体当たりしてきた」「故意ではなくミスで当たってきた場合は、 エンジンを逆回転するはずだが、そういった形跡はビデオから全くな い」と述べ、衝突は中国船側の故意で発生したとの見解を示した。

小川敏夫法務副大臣は同委員会で、ビデオは捜査資料であるからこ れまで非公開としてきたが、公益上の必要性や船長の処分保留、釈放と いう「一応の結論らしきものがでている状況」があると指摘。「そうし た状況を踏まえて、ビデオについては検察庁の方で適正な対応するもの と考えている」と語り、ビデオを公開する可能性を示した。

前原氏は「東シナ海で領土問題は存在していない。尖閣諸島は我が 国固有の領土であり、その主権を守るというのは、国家として当然のこ とだ」と指摘。「したがって、同様な事案が起きれば、また日本の国内 法で対応することになる」と強調した。