ウェザーニューズ株2カ月ぶり高値、法人向け復調-業績上振れ期待

民間気象情報サービス最大手のウ ェザーニューズ株が一時、前日比4%高の1210円と7月29日以来、 約2カ月ぶりの高値水準を回復した。海運会社など法人向けビジネス が復調、顧客先も広がりつつあり、今期(2011年5月期)業績の超過 達成などが期待された。

WNIウェが27日の取引終了後に発表した6-8月(第1四半期) 決算によると、本業のもうけを示す連結営業利益は前年同期比13%増 の6億7600万円となった。主力の法人向け交通気象で14%の増収、 個人向けが同20%の増収となった。

コスモ証券投資調査部の川崎朝映シニアアナリストは、「法人向け は海運業界だけでなく、自動車船にも広がっているそうで、顧客層の 拡充も期待できる」と指摘。会社側が27億円としている通期の連結営 業利益予想は、「若干の上振れが可能だ」と見ている。同証では、投資 判断「アウトパフォーム」を据え置いた。

会社側の今期1株利益予想143円48銭で算出した27日終値(1164 円)の株価収益率(PER)は8.1倍。川崎氏によると「好業績を勘 案すれば、PER10倍割れの現在の株価水準はあまりに割安」という。