ノリタケ株は6日ぶり反落、通期業績増額も市場予想範囲にとどまる

硬質陶器や工業材料などを手掛け るノリタケカンパニーリミテド株が一時、前日比3.3%安の296円と 6営業日ぶりに反落。自動車業界の業況改善などを背景に研削砥石な どが好調に推移、通期業績見通しを増額修正したが、アナリストらの 事前予想とほぼ同水準にとどまり、売り圧力に押された。

会社側が27日の取引終了後に公表した新しい2011年3月期(通 期)の業績計画は、本業のもうけを示す連結営業利益が従来予想を6 億円(23%)上回る32億円になる見通し。前期は16億6400万円の赤 字。セラミック・マテリアル事業でセラミック原料と貴金属ペースト が好調に推移したほか、CBN工具が回復基調にあることも寄与する。

ブルームバーグ・データによると、同社株を担当するアナリスト 4人による今期の営業利益予想の平均は31億8700万円だった。欧州 財政懸念などから日本株相場全般が下げる中、積極的な買い材料とは 見られなかった。ノリタケ株は8月25日の255円を直近底値とし、約 1カ月半ぶり高水準となった27日高値の308円まで21%上昇。同期 間の東証ガラス・土石製品株指数の12%高を上回っていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE