北朝鮮:金総書記の三男ジョンウン氏が大将に-継承の布石か

北朝鮮の金正日総書記の三男、金 ジョンウン氏に朝鮮人民軍の大将の称号が与えられたと、国営の朝鮮 中央通信(KCNA)が27日報じた。公式の場にまだ姿を見せたこと のないジョンウン氏への権力継承が始まる可能性を示唆するものだ。 ジョンウン氏は20代の後半といわれる。

KCNAによると、称号の付与は人民軍最高司令官でもある金総 書記の命令によるもので、28日から平壌で始まる党代表者会に先立っ て行われた。ジュンウン氏を含め6人が大将に指名された。

今回の党代表者会は、金総書記が健康状態の悪化により権限移譲 を迫られる中で開催されるため重要だと米韓当局者らは指摘する。金 総書記は、1980年に開かれた党大会で金日成氏の後継者に正式に決定 している。

北朝鮮問題を専門とする東国大学(ソウル)のキム・ヨンヒュン 教授は、ジョンウン氏に大将の称号が与えられたことについて、「同氏 を要職に就かせて次期指導者に正式指名するための布石だ」と指摘。 「金総書記がかなり若年の息子を表舞台に出すのはやや性急のように 思えるが、健康悪化で時間が限られていると感じたに違いない」との 見方を示した。

KCNAによると、金正日の妹、金敬姫氏も大将に昇格した。同 氏の夫、張成沢氏は6月、国防委員会副委員長に選出され、ナンバー 2の地位を得た。

キャンベル米国務次官補(東アジア担当)は26日、KCNAの発 表後、ニューヨークから電話会議に出席し「米国は北朝鮮の動きを注 意深く見守っている。しかし率直に言って、北朝鮮の次のステップや 指導部内の動向を判断するのは時期尚早だ」と述べた。

--*参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Akiko Kobari、Masami Kakuta 記事に関するエディターへの問い合わせ先: John Simpson at +1-416-203-5726 or jsimpson12@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE