ゴールドマン自己勘定部門とアベニュー・キャピタルが交渉中-関係者

マーク・ラスリー氏率いるヘッ ジファンド会社アベニュー・キャピタル・グループは、米ゴールドマ ン・サックス・グループの自己勘定取引部門のメンバー採用に向けて 交渉中だ。協議について説明を受けた関係者2人が明らかにした。

交渉は非公開だとして匿名で語った同関係者によると、ラスリー 氏はアベニュー・キャピタルの中心事業をディストレストおよび信用 関連投資から広げるため、ボブ・ハワード氏率いるゴールドマンの米 自己勘定取引チーム採用を目指している。このチームをめぐっては、 米プライベートエクイティ(PE、未公開株)投資会社KKRと米資 産運用会社ペレラ・ワインバーグ・パートナーズも協議していると、 事情に詳しい関係者が8日に話している。

ゴールドマンは、リスク抑制を狙った新たな米金融規制への対応 で、自己勘定取引事業の閉鎖を進めている。ラスリー氏もゴールドマ ンの広報担当エド・キャナデー氏もコメントを控えた。

アベニュー・キャピタルのウェブサイトによると、同社は1995 年創業で、今年7月末時点の運用資産が188億ドル(約1兆5900億 円)。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE