NY原油(27日):ほぼ変わらず、1.3%安から戻す-76.52ドル

ニューヨーク原油先物相場はほ ぼ変わらず。株価が朝安から値を戻し、ドルが対ユーロでもみ合う なか、下げ幅を埋める展開となった。

株式市場ではS&P500種株価指数が4カ月ぶり高値から下げ、 これに伴い原油は一時、1.3%安まで売り込まれた。欧州の銀行の 資本水準に対する懸念でユーロ圏の資産が買い控えられ、ドルは対 ユーロでしっかりとなった。

リンド・ウォルドック(シカゴ)の市場担当ストラテジスト、 リチャード・イルチスジン氏は、「株価が下げを埋めたため、原油も 前営業日比変わらずの水準に戻した」と述べた。「今の原油価格は通 貨と株価に敏感に反応する」と続けた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物11月限は前 営業日比3セント(0.04%)高の1バレル=76.52ドルで終了した。 この日のレンジは75.52-77.17ドル。