イラク:天然ガス田開発入札へ、三菱商事など13社が参加

イラクの天然ガス田開発に向け、 三菱商事やイタリアのエネルギー会社Eniをはじめ外国企業13 社が入札に参加する。

イラク議会の石油・ガス委員会のハッサニ副委員長が27日明ら かにした。入札は10月20日に予定されている。

一方、中国石油天然ガス集団(CNPC)やほかの企業は現地 の石油生産での前進を報告している。政府当局者や企業幹部が明ら かにした。CNPCのバスラ拠点のディレクター、ツェン・シャオ ウ氏はインタビューで、同社がイラク南部のルマイラ油田で月間生 産量を従来の日量100万バレル以下から同109万バレルに増やした と語った。

イラクは原油生産を現在の日量240万バレルから早い時期に2 倍に引き上げたい考え。さらに6年以内に日量生産を1200万バレ ルに拡大する方針を示している。