NY金:4営業日続伸、通貨価値低下で買い-12月限1298.60ドル

ニューヨーク金先物相場は4営 業日続伸。通貨価値の低下で代替投資としての貴金属買いが進むと の観測が広がった。

外国為替市場ではユーロが対ドルで5カ月ぶり高値から下落。 欧州の一部の銀行で資本基準を満たせないとの懸念が再燃した。ド ルは先週、主要通貨のバスケットに対して2.5%下落。中央銀行や 国際通貨基金(IMF)が過去1年間に売却した金は、金売却制限 に関する合意が始まった1999年以降で最低水準となった。産金業 界団体ワールド・ゴールド・カウンシル(WGC)のデータで明ら かになった。

ザブリオンデスク・ドット・コムのアナリスト、ジェームズ・ ムーア氏(ロンドン在勤)は、「通貨は実際、価値を下げている」と 指摘。「アジアの中央銀行が金属を買い入れており、これが投資家の センチメントを押し上げたのは確かだ」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先 物相場12月限は前営業日比50セント高の1オンス=1298.60ド ルで終了した。過去最高値は24日に付けた同1301.60ドル。

ロンドン金属取引所(LME)の金現物はこの日、過去最高値 の1300.15ドルを付けた。