米国が年内に新たな量的緩和開始する確率は75%-JPモルガン

JPモルガン・チェースは米連 邦準備制度理事会(FRB)が年内に新たな量的緩和を開始する確率 が75%あるとみている。

欧州金利ストラテジー責任者のパバン・ワドワ氏は、米金融当 局は恐らく「数千億ドル」規模の量的緩和プログラムを開始するだ ろうと予想。政策金利は2012年まで据え置くとの見通しも示した。

同氏はインタビューで、「FRBは一段の量的緩和を実施する 可能性が高い。それにより、米国債利回りは低下するだろう」と述べ た。

さらに、日本が外国為替市場で円売り介入を行ったことも、米 国債利回りを押し下げる要因になるとの見方を示し、「日本銀行は 為替介入で相当のドルを買ったし、再度介入するかもしれない。ド ルをどこかに投資する必要があり、結局は米国債を買うことになろ う」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE