アングロ・アイリッシュを格下げ、ジャンク落ちも視野-ムーディーズ

【記者:Joe Brennan】

9月27日(ブルームバーグ):米格付け会社ムーディーズ・イン ベスターズ・サービスは、アイルランド政府が国有化したアングロ・ アイリッシュ銀行の優先債格付けを「Baa3」と、従来の「A3」 から引き下げた。Baa3は投資適格級の最低。ムーディーズはさら に、アイルランド政府が保有者に対して同債券を保証しないならばジ ャンク級(投機的格付け)への格下げもあり得るとしている。

ムーディーズはアングロ・アイリッシュの劣後債も「Caa1」 (従来は「Ba1」)に格下げした。劣後債は9月29日まで政府保 証が付いている。

アイルランド政府は2008年9月に米リーマン・ブラザーズ・ホ ールディングスが破たんしたことを受け、国内銀行システムの崩壊を 回避するために銀行債に保証を付けた。政府は国内不動産バブル破裂 で危機に陥ったアングロ・アイリッシュを09年1月に国有化。今ま でで同行に229億ユーロ(約2兆6000億円)を注入しているが、 最終的な救済コストは今週発表する。

ムーディーズのバイスプレジデントでアングロ・アイリッシュ格 付けの責任者、ロス・アバークロンビー氏は27日の発表文で、「当 社はアングロ・アイリッシュのローン債権が引き続き劣化し一段の政 府支援が必要になると考えている」とした上で、「明示的な政府保証 がないならば、無担保優先債務の一段の格下げがあり得る」と書いて いる。同社の格付けでは、「Baa3」を下回るとジャンク級となる。

ムーディーズはまた、住宅ローンを裏付けとしたアングロ・アイ リッシュのカバード債も「A2」と、従来の「Aa2」から格下げし た。

アイルランド政府は9月8日に、アングロ・アイリッシュを債 権回収銀行と預金を引き継ぐ銀行に2分割することを決定。債権回収 銀行は将来的に閉鎖する。ムーディーズは、政府がコストの一部を債 権回収銀行の債権者に転嫁することができるかもしれないとして、保 証が切れた42億ユーロ相当の証券を額面未満で買い戻すこともでき ると指摘。一方で、「秩序ある閉鎖」の一環として政府が追加資本を 注入する可能性が高いとの見方を示した。

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: アムステルダム 木下 晶代 Akiyo Kinoshita +31-20-589-8544 akinoshita2@bloomberg.net Editor: Fumihiko Kasahara, Akiko Nishimae 記事に関する記者への問い合わせ先: 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Louisa Fahy at +353-1-523-9524 or lnesbitt@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE