プロミスが上昇、武富士の更生法申請報道で-CDS取引

27日のクレジット・デフォルト・ス ワップ(CDS)市場では、武富士が会社更生法申請の準備に入ったと の報道を受け、同じ消費者金融であるプロミスの社債保証コストが大幅 に上昇した。

複数のトレーダーによると、プロミスの5年物は600bp、575bp、 550bpで取引された。CMA提供の24日のニューヨーク終値(445.4bp) と比較して、104.6bpの上昇だった。

また、企業が経営破たんした場合の債権の回収率を売買するリカバ リーロックは、武富士で18%が確認された。

日本の投資適格級発行体で構成するマークイットiTraxx日 本指数が105ベーシスポイント(1bp=0.01%)、103bp、103bp、102bpで 取引された。CMA提供の24日のニューヨーク終値(99bp)と比較する と、3.0bpの上昇だった。