ルービニ氏:米国にリセッションの高リスク、日本は「沈滞」へ

米ニューヨーク大学のヌリエル・ ルービニ教授は27日、クアラルンプールでの講演で、米国がリセッシ ョン(景気後退)に逆戻りする確率は高いとの見方を示すとともに、 日本については「沈滞」を予想。世界経済の回復に対するリスクを強 調した。

米国と欧州が低成長に陥れば中国経済への逆風が強まるとの見解 も示した。また、米国では6月の不動産関連の指標が「ひどい」数字 だったことから、4-6月(第2四半期)の国内総生産(GDP)統 計が下方修正されるだろうと述べた。

先進国が赤字削減に向けた緊縮財政を取る中で、消費者信頼感と 企業景況感が悪化し、一部の国・地域では個人の買い控えも見られる。 新興市場経済は先進国が低成長にとどまる間、内需主導の成長に慣れ る必要があると同教授は指摘した。

ルービニ教授は、「年後半には、景気刺激の財政政策による追い風 がなくなるため前半に比べ減速することは分かっている」とし、「勢い を欠く回復というのが中心的なシナリオであるものの、米経済が二番 底に陥る可能性も排除しない」と語った。