日神不株が1カ月ぶり高値回復、業績回復期待や財務健全性など評価

首都圏を中心にマンション分譲事 業を手掛ける日神不動産株が急上昇。一時は前週末比6.7%高の462 円と8月20日以来、約1カ月ぶりの高値水準に戻した。単身者向けの 「デュオステージ」などが好調に推移、業績回復期待が強まっている。

シティグループ証券は24日付で日神不株の取材報告リポートを 発行、レーティングは未付与だが、概要などを紹介した。木村義純ア ナリストは、「健全な財務を生かし、他者に先駆けて2009年9月から 用地取得を再開。来期(12年3月期)は今期を上回る売り上げ計上を 目指す」と指摘した。

08年3月期には28億円あった日神不の連結経常利益も、世界的 な金融混乱や国内景況感の悪化などで、09年3月期には115億円の赤 字に転落。しかし、10年3月期は8億1300万円の黒字に浮上し、11 年3月期は前期比3.2倍の26億円の黒字を計画している。シティ証に よると、会社側は今期990戸の売り上げ計上を見込んでいるという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE