IMF副専務理事:11月G20首脳会議までに出資比率問題の解決目指す

国際通貨基金(IMF)の篠原尚之 副専務理事は27日、クアラルンプールでのインタビューで、IMFの出 資比率の改革で進展があることを明らかにした。同氏はIMFが11月 の20カ国・地域(G20)首脳会議までに問題の解決を目指していると語 った。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先:

麗英二 Eiji Toshi +81-3-3201-2421 etoshi@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE