中国人民元:対ドルで上昇、93年以来の高値-米国が元高求め圧力

中国人民元は27日、ドルに対し 1993年以来の高値に上昇した。米国がより柔軟な元相場を求めて圧力 を強める中で、中国当局が元高加速を容認するとの観測が広がった。

中国人民銀行(中央銀行)が今月8日以降で初めて中心レートを 引き下げたにもかかわらず、元は10営業日続伸となった。米議会は、 中国からの輸入品に対する関税引き上げを米企業が要請するのを可能 とする法案について2日後に採決を行う。

バンク・オブ・アメリカ(BOA)メリルリンチのエコノミスト、 陸挺氏(香港在勤)は「外圧の高まりと中国経済の明るい見通しから 考えると、人民元の上昇トレンドは変わらないだろう」と予想した。

中国外国為替取引システム(CFETS)によると、人民元は

0.2%高の1ドル=6.6923元で終了。21日は6.7079元だった。一時は

6.6859元と、人民銀が市場レートと公定レートを一本化した1993年 末以来の高値に達した。

人民銀は27日、元の対ドル中心レートを6.7098元に設定。21日 は6.6997元だった。

--Judy Chen. Editors: Ven Ram, James Regan

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 野崎 ひとみ Hitomi Nozaki +81-3-3201-3549 or hnozaki1@bloomberg.net Editor: Fumihiko Kasahara 記事に関する記者への問い合わせ先: Judy Chen in Shanghai at +86-21-6104-7047 or xchen45@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Sandy Hendry at +852-2977-6608 or shendry@bloomberg.net